Maruhaku TVを利用して、楽しく知り、茅ヶ崎での暮らしをより楽しいものにしてください!

STEP.1

興味のある内容の動画を探してみよう!

STEP.2

感想レポートを書いてみよう!

STEP.3

みんなの感想や考えをみてみよう!

STEP.4

まちへ出てみよう!

丸博ブログ

写真展・文化財展示開催中!「ふるさと発掘―ちがさきの魅力を見つけよう―」8月5日(土)まで


映画「3泊4日、5時の鐘」のロケ地となった茅ヶ崎館

 

茅ヶ崎市制施行70周年を記念して、
オール茅ヶ崎で撮影された映画「3泊4日、5時の鐘」を題材にした写真展と文化財展示(遺跡調査に関する展示)が
茅ヶ崎市立図書館で開催中です。

県立茅ケ崎北陵高校出身で、
茅ヶ崎市ともゆかりのある三澤拓哉映画監督の作品「3泊 4日、5時の鐘」。

この映画はオール茅ヶ崎で撮影され、文化財とも馴染みが深い内容で、
今回の写真展と文化財展示は、本映画のロケ地が題材となっています。

写真を眺め映画のシーンを思い出しながら、茅ヶ崎の風景を楽しんでみませんか?

遺跡調査に関する展示は、
実際の遺跡調査についても理解を深めることができる内容となっています。

───────────────────────────────────────
◆映画「3泊4日、5時の鐘」のあらすじ
───────────────────────────────────────
湘南・茅ヶ崎にひっそりと佇む老舗旅館・茅ヶ崎館。
ここは日本を代表する映画監督、小津安二郎が脚本執筆のため定宿とした
創業115年(注1)の歴史をもつ実在する旅館である。
「3泊4日、5時の鐘」は当館において全面的な撮影が許可された初めての映画となった。

物語は、ある夏の一日からはじまる。
花梨と真紀は会社の元同僚で、
茅ヶ崎館の長女でもある理沙の結婚パーティーに出席するために、茅ヶ崎館を訪れる。
そこで花梨は茅ヶ崎館でアルバイトをしている知春を弄び、
一方、真紀は学生時代に恋心を抱いていた大学教授の近藤に再会する。
そこで知春を密かに想う同級生の彩子や理沙の弟の宏太も加わり、
登場人物たちの感情が複雑に絡まりはじめていく…。

【上映チラシより抜粋】
(注1)は撮影時。現在は創業118年の歴史をもつ。

───────────────────────────────────────
◆「写真展「ロケ地から見る茅ヶ崎の四季」内容
───────────────────────────────────────
市内の公民館で活動する写真クラブが、
映画のロケ地となった茅ヶ崎の四季の風景を紹介します。

───────────────────────────────────────
◆文化財展示「遺跡の調査と市内の遺跡」内容
───────────────────────────────────────
本映画では、実際に市内で出土した土器などの遺物を扱うシーンや、
発掘調査現場のシーンがあります。それらのシーンを楽しむことができ、
実際の遺跡調査についても理解を深めることができるよう、
映画にも登場する調査のさまざまな道具や、市内で実際に出土した遺物を展示します。

映画には、Mr.まるごと博物館こと、
富永富士雄講師も登場します!ぜひ探してみて下さい!

───────────────────────────────────────
◆写真展・文化財展示の概要
───────────────────────────────────────

▼開催期間
2017年7月19日(水)〜8月5日(土)
※休館日 : 月曜日

▼時間
9:00〜19:00(土・日は17:00まで)

▼会場
茅ヶ崎市立図書館 2階展示ホール
電話:0467-87-1001
住所:〒253-0053 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-55