Maruhaku TVを利用して、楽しく知り、茅ヶ崎での暮らしをより楽しいものにしてください!

STEP.1

興味のある内容の動画を探してみよう!

STEP.2

感想レポートを書いてみよう!

STEP.3

みんなの感想や考えをみてみよう!

STEP.4

まちへ出てみよう!

丸博コラム

海岸に生きる植物


茅ヶ崎の浜辺にはどんな植物がみられるのでしょう?

今頃から3月、4月頃が旬の『ハマボウフウ』。
これは高級料亭で出てくることもあるセリの仲間です。
そして、もう少し先季節には、イネ科の『チガヤ』や『ハマヒルガオ』、豆の仲間の『ハマエンドウ』など。

柳島キャンプ場あたりの砂防のために植えられたマツ林では『ハマカキラン』。
浜の方にある『カキラン』の仲間です。
クロマツの根に根っこにつく菌根菌という菌と共生しているので、
クロマツがないと見られないちょっと変わった植物なんです。
この花は咲いていても葉っぱとあまり色が変わらないので、気づきにくいんですが、
6〜7月頃に見られるので、探してみるといいですね。

海岸線の植物は、頭に『ハマ』とつくものが多く、名前に『ハマ〇〇』とついたら、
海岸かその周辺にある植物の可能性が高いです。

▼詳しくは自然学の動画をチェック!
https://goo.gl/haCpTw