Maruhaku TVを利用して、楽しく知り、茅ヶ崎での暮らしをより楽しいものにしてください!

STEP.1

興味のある内容の動画を探してみよう!

STEP.2

感想レポートを書いてみよう!

STEP.3

みんなの感想や考えをみてみよう!

STEP.4

まちへ出てみよう!

丸博コラム

ペリー艦隊乗務員の格好や楽器を知る史料


この史料、大変貴重なもので、これの元になるような史料はたくさんあります。

当時、幕府の絵師がこの近くまで行って、サラサラと描きました。
そしてそれをコピーし、更にコピーを重ね今日の茅ヶ崎にこの史料が伝わっています。
もう少し良いものはカラーで綺麗に色が付いています。

書かれている文字を見てみましょう。

「嘉永六丑年六月三日申ノ下刻相州浦賀津」…要するに浦賀の港、“津”と言います。
「浦賀津エ入舩」、津に船が入った。
「北亜墨利加 ハシトン舩」が十四日に帰っていく、というようなことが書いてあります。

この人たちは、ペリー艦隊の大将のようですね。
それなりのいい格好をして、いい武器、サーベルなんかを持って、いい帽子を被っています。
当時の大将の風体をを記しているのがよく分かります。

そのあと、乗務員の帽子、色んな帽子があります、それをスケッチしているのですね。

それから、楽器が描かれています。軍隊が更新行進するとき、楽器が前に必ず出ます。
大きな太鼓を持って、大きなラッパを持って、いい音楽を奏でながら行進をしていくんですね。

▼詳しくは文献史学の動画をチェック!
https://www.maruhaku.tv/video-theme/theme8/section_02/