Maruhaku TVを利用して、楽しく知り、茅ヶ崎での暮らしをより楽しいものにしてください!

STEP.1

興味のある内容の動画を探してみよう!

STEP.2

感想レポートを書いてみよう!

STEP.3

みんなの感想や考えをみてみよう!

STEP.4

まちへ出てみよう!

丸博コラム

関東大震災後の学校


大正12年9月1日11時58分。
相模湾沖を震源として、大きな地震がありました。
茅ヶ崎も、関東大震災で大変大きな被害を受け、役場も学校も橋も、みんな壊れてしまいました。

この写真は茅ヶ崎小学校の後始末の様子です。
大正8年に建てた新しい学校だったのですが、12年に倒壊してしまいました。
そして、校庭が水浸しになったそうです。
今なら「液状化」という言葉がありますが、当時はそういう言葉があったのかないのか、
「大水が出ちゃってなぁ」というお年寄りがいました。

この辺りは地盤が砂地であまり良くなく、グラグラと揺れたことで、
液状化、水が噴き出してしまったという事になります。
液状化によって、相模川の橋脚が出てきたというプラスの要素もありましたが、
特に南湖、海岸の方は水が出たようです。

▼詳細は文献史学の動画をチェック!
https://www.maruhaku.tv/video-theme/theme8/section_03/