Maruhaku TVを利用して、楽しく知り、茅ヶ崎での暮らしをより楽しいものにしてください!

STEP.1

興味のある内容の動画を探してみよう!

STEP.2

感想レポートを書いてみよう!

STEP.3

みんなの感想や考えをみてみよう!

STEP.4

まちへ出てみよう!

丸博コラム

縄文時代の釣り針は何から作られていたのでしょう!?


貝塚から角鹿の角などで作った釣り針が発見されています。
ほかのところですと、土で酸性土壌で腐ってしまうのですが、
貝はカルシウムが非常に強いので、貝塚からはこういったものが腐らず出てくるんですね。

縄文時代の堤貝塚のものは外側に返しがあります。
釣りをやる方はよくわかるかと思うのですが、
今の釣り針はだいたい内側に返しがついているんですね。
返しは一度引っかかって顎から外れにくいよに仕掛けてあるんですね。

ハワイのビショップ博物館に行きますとまったくおなじ釣り針がありますから、
昔の人がこういったものを作るときに、同じことを世界各地でやっているということです。

開高健さんが釣りが大好きで、南太平洋でこういった釣り針をそのまま使ったら、
餌を付けずに釣れるということを経験しているんですね。
十分これで疑似餌になったということが証明されていますね。

▼詳しくは考古学の動画をチェック!
https://goo.gl/t7X3yj