Maruhaku TVを利用して、楽しく知り、茅ヶ崎での暮らしをより楽しいものにしてください!

STEP.1

興味のある内容の動画を探してみよう!

STEP.2

感想レポートを書いてみよう!

STEP.3

みんなの感想や考えをみてみよう!

STEP.4

まちへ出てみよう!

丸博コラム

東海道線と相模線の下には古代の村が埋まっている!?


古墳時代から平安時代の茅ヶ崎を探ってみましょう。
東海道線と相模線がちょうど分岐する線路の下には古代の村が埋まっていますし、
前方後円墳が埋まっているんです。
この時代になると茅ヶ崎のほぼ全域に人々の生活が始まります。

この写真は石神遺跡のある、右側が東海道線、左側は相模線が走るところなんですが、
上の方が白っぽい砂で乾いてしまう砂なんですが、
機械が完全に埋まっちゃうくらいのところ3mくらい下まで掘っていくと、
下の方は少し土が入り込んでいるのであんまり乾燥しないんです。
このように砂に土がある所は、人々の環境に合いますし、植物も当然あったわけです。
そういうことでこの深さに来ると土器がたくさん出ていますし、竪穴住居がたくさん見つかりました。

▼詳しくは考古学の動画をチェック!
https://goo.gl/t7X3yj